​あなただけの

CBDブランドを解き放て

HERBELを

​立ち上げた想い

グリーンラッシュと呼ばれ、新たなビジネスの金脈として、米国欧州を中心に世界中で爆発的な盛り上がりを見せている「合法大麻市場」ですが、中でもCBD(カンナビジオール)関連ビジネスは驚異的なスピードで成長しています。

 

調査会社ブライトフィールドの発表によれば、2019年に650億円だった市場規模は2022年には約2兆4200億円に成長すると予測されています。

日本の麻薬及び向精神薬取締法(以下、麻向法)では、大麻成分の中でも精神作用のあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は違法とされています。一方で海外製品にラベルを貼っただけの並行輸入品、いわゆる大麻製品の恐れがあるものがECサイトで販売されていたり、国内で販売している製品からTHCが検出される報告が厚生労働省から出されたりするなど、品質が疑わしいCBD製品も目につきます。

海外から輸入された製品や原料には、日本のルールではなく生産国の基準値どおりのTHCが含まれている可能性が高いことがわかっており、麻向法違反の可能性が高いのが実情です。

 

また日本で使用することが出来ない部位(成熟した茎と種子以外)を使用した製品、すなわち大麻取締法違反に該当する製品が入ってきている可能性があります。実際、2019年には米国CBDオイル大手企業が、大麻草の茎と種子以外の部分を原材料として使用していた疑いから日本法人における製品販売を停止されるという事例がありました。また、2020年2月には、厚労省が同社製品の一部から微量のTHCを検出したと公表した事例もあります。

HERBELで皆様と日本の未来を作ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

日本のCBD市場は未開拓なこともあり、法律を十分に理解していない企業や、品質があいまいなままのブランドが多数存在し、CBDに対しては未だ良い印象を持たれていません。これでは、せっかく高品質な製品を開発しても、なかなか手に取ってもらえないでしょう。

 

私たちHERBELは、日本のCBD市場を信頼できるものに変えるために、同じ志を持ちCBDブランドをつくりたいと考えているチームに向けて、私たちが自ら知り得た情報やノウハウ、エビデンス、ステークホルダーを惜しみなく詰め込んだ「高品質なCBD製品を小ロットでOEMができるプラットフォーム」の提供に踏み切りました。

皆様のCBDブランド立ち上げ、事業拡大に必ずお役に立てるものとなっております。

現時点ではCBDのみの取り扱いですが、今後はCBD以外に注目されているCBNやCBGといった他のカンナビノイド成分の取り扱いを準備しております。

 

HERBELで皆様と日本の未来を作ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。